秋めいた日に思うこと

こんにちは。今に〇を、私に○を。
はま です。

すっかり秋めいて、日が暮れるのが早くなってきました。
気が付けば、もう辺りは暗い……。そんなことも少なくなく。
あっという間だなぁと感じるとともに、あっという間だけど、でも随分と歩んできたかも。
そんな風に思うことが出来るようにもなりました。

振り返ってみれば……

年が明け、新年だ~と気持ちを新たにしてから、あれよあれよという間に
変化の多い日々に。新型コロナウイルスの影響も大きく、学校も保育園も、仕事も。
様々に、そして日々本当に目まぐるしく変化しました。

今思い出しても、あの時よくやってたな~。
よく乗り切ったなぁ~なんて思います。
核家族で動物園みたいな3人兄弟のいる生活。
そんな中での在宅勤務。そして通常勤務。
いつ閉まるか分からない保育園。そして臨時休園。
いや~カオス。カオスでした。

不思議なことに、その最中は「何とかなる。いや何とかする」という思いがあったからか、
本当に何とかなって、ありがたいことに今は学校にも行け、保育園にも行け、通勤もできています。
カオスだったなぁって後になれば思うけれど、その時は一生懸命だから、そんなこと考える暇もなく。
カオスを自覚していると躊躇するけれど、その時は分からないからこそ、人は一生懸命に駆け抜けられるのかもしれません。

歩んできた道と今と。そしてこれから。

喉元過ぎれば、熱さを忘れる。
喉元過ぎたからこそ、暑さを振り返ることが出来るのかも。
振り返ることで人は強くなれるし、また前を向ける。

歩んできた道を思うことで、今を思い、そしてこれからに向かっていける。
そんな風にも思います。
そんなことに想いを馳せることのできる年末や新年は、ありがたいなぁ。
節目ってありがたいなぁなんて思うのです。

今日も、はまコラムにお付き合いいただき、ありがとうございました♡
実り豊かな秋。食べたいものがいっぱいです~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました