専門職だからこその1枚で【10min FOCUS Mapping】

今日も、訪問してくださりありがとうございます♡
今に○を、私に〇を。
はま です。

一つの仕事だけでないからこそ

仕事って、ある方向性では共通していたり、全く別の分野であったり……様々ですよね。
例えば、私はクリニックで働いているのですが……

専門職としての看護師の仕事。
受付や事務部門の仕事。
クリニック内の環境調整の仕事。
発注や物品管理などの管理の仕事。
マネージメント。
患者さん向けのアプローチ。
地域医療や他の業種の方とのパイプの仕事。

看護師だけでなく、受付だけでなく、様々な方向性のアプローチがあります。
これが大きな部門や会社になれば、さらに関わる人や企業も増え、アプローチは多岐に渡ることと思います。

でも、実際これ、頭の中で考えていて、動けますか……?

優先順位っていうけれど……

様々なことを同時期に進めていくときや、タスクを抱えているときに、頭に浮かぶ優先順位。

「優先順位を考えて」

よく言われることだと思います。

でも、これ、どうやって優先順位を決めていますか?
そして、その優先順位を決めることに時間がかかったりしていませんか?

私が、そうだったんです。

優先順位を決めることが大切なのは、分かっている。
そして、その決め方も何となくは知っている(つもり)
でも、少ない中でのタスクの取り掛かりや優先順位を決めることは出来たとしても、

・アプローチが多岐に渡るとどうしてよいか迷ってしまう。
・専門分野については、ある程度進められても、そうでない分野については、急に自信がなくなり、
 あれも、これも……状態になる。
・取りこぼしがある。
・やらなきゃいけないことで頭がいっぱいになって余裕がなくなる。


そんなことが、少なくありませんでした。
でも、クリニックという小さな組織だから、アプローチを少人数で分けることが鍵にもなってくる。
あわわわ……となることもありました……。

書き出すことの力

それが、紙1枚で、しかも時間をかけずに優先順位が決めていけたら。
その優先順位や進行状況を、チームの中で簡単に共有できたら。
いいですよね……?



「ああ、今○○さんはこれに取り掛かっているんだ」

「じゃあ、私はこれやりますね」

「これに取り掛かっている人はいないから、誰か出来そう?」

「今は難しいけれど、これとこれが○○で終わるので、そのあとは可能です」

「そもそも、みんな取り掛かっているから、時期を考え直してみませんか?」

自分の中のことも、スッキリする。
チームの中のことも、スッキリする。
目にも見えて、把握できて、スッキリするから、建設的な話ができる。
そうしたら、もっと心地よく、そして可能性を広げて働けることが増えるんじゃないか。
そんな風に感じています。



専門職という狭い世界で働いてきた私自身が感じていた、
専門職以外のアプローチを組み合わせていくことへの、いわゆる社会人としてのアプローチの難しさ。
幅広い分野での仕事が求められていくことへの戸惑い。
慣れもあるのかもしれませんが……。
でも、それは逆にチャンスだとも思います。
これからの世の中は、さらに変化の大きさとスピードが増すでしょう。
そんな中で、専門性以外の部分も求められることが増えると思うのです。


簡単でないなぁと感じた経験があるからこそ、
クリニックのような小さなチームで、そして医療業界に、この紙1枚を伝えていきたい。
書き出すことは、自分を、そしてチームを後押しする力になります。
働くを助けてくれる、一つの力になります。

もちろん、医療業界だけでなく、仕事だけでなく、プライベートにも。
もう、私は、これないと……困るくらいです。


そんな紙1枚、さくっと書き出し取り掛かる習慣。
10min FOCUS Mappinng
春に開講予定です。
しかも、講座はたった90分。
お仕事あとや休憩時間でも。
楽しみにしていてくださね♡

今日も、はまコラムにお付き合いいただきありがとうございました♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました